<meta name=”robots” content=”nofollow” />

元カレが忘れられない時に必要なこと

一度好きになった人を忘れることなんて簡単にできない。

 

特に自分が振られた側だと、余計忘れられない、でも振った相手は颯爽とこっちのこと忘れたりしてるんですよね。許せない。

 

という負の感情は一旦置いておいて、元カレが忘れられない時に一体どうすれば良いのかまとめてみました。

 

  1. 元カレへの気持ちは未練なのか執着なのかハッキリさせる

 

 

単純にまだ好きなのか、執着なのか。一言で忘れられないと言ってもこの2つには雲泥の差があると思うのです。

 

いや、好きだからに決まってるじゃん!と思ったあなた。本当にそうでしょうか。

 

その人はあなたにとって最も素晴らしい人だったでしょうか。心から大切にしてくれたでしょうか。そして何より彼と一緒に過ごした時間はあなたにとって幸せなものでしたでしょうか。

 

そんなことを冷静に考えてみると私の場合は違いました。私は彼のことがとても好きだったけれど、彼はとても誠実とは言えなかったし、心から大切にされていたかと言われたらNOでした。辛い思いもしました。我慢もしました。

 

それでも忘れられないのは、そうまでして彼に尽くしたのにフラれてしまったという事実を認めたくない。これにつきます。いくら自分が好きだと思っていても突き詰めて考えるとただの「執着」だったりするかもしれません。

 

  1. 新しい恋を始める

 

 

すぐに好きな人ができるわけではないので、なかなか難しいかもしれませんがそれでも新しい出会いを自ら求めるというアクションは必要です。合コンだって婚活パーティーだって、何かのサークルに入るのだっていいでしょう。大事なのは前に進む足を止めないこと。

 

すぐに彼氏候補に出会えたらいいですが、そうでなくても新しい飲み友達でも作れたらいいな、くらいの気持ちで参加みてみてはどうでしょうか。

 

彼以外の人と過ごす時間が増えれば増えるほど、自ずと彼を思い出す時間は減っていきます。

 

  1. 自分の見る目がなかったことを認めてみる

 

 

元カレが忘れられない時って大抵彼の良い面ばかりが思い出として残っているのではないかと思います。実際とても素晴らしい人かもしれません。

 

でも彼があなたに辛い思いをさせたり、我慢させたり、泣かせたり、誠実な相手ではなかった場合、認めましょう。自分の見る目のなさを。

 

私の場合は別れて1年くらいずっと元カレが忘れられませんでしたが、何故なのかよくよく考えてみると、自分が心から好きになった相手の悪いところを認めたくなかったからです。

 

自分が「この人だ」と選んだ人を、仕様もない不誠実な男だと認めることができませんでした。自分の判断ミスを認めるようなものだからで、相手を信じ続けるということは自分の判断を信じることにも繋がるからです。

 

でも実際は付き合ってる期間ずっとモラハラをされ続け、何度も何度も泣かされていたのですが。

 

別れて時間が経って「あんな人を選ぶなんて自分の見る目がなかったんやなぁ」と思えるようになってから、ようやく執着心が消えてなくなりました。解き放たれてすごく気持ちが楽になりました。笑

 

今回は3つ書きましたが、別れた理由も別れた状態も人それぞれで、それにより復縁の可能性だって変わってくるでしょう。

 

でもひとつ大切にしてほしいのは、あなたを泣かせたり辛い思いをさせるような相手とは別れて正解だということです。誰だって幸せになる権利はあるんだから。

 

もし、いまこの記事を読んでいるあなたの「忘れられない人」がそんな不誠実な人なら、復縁なんて考えずに新しい恋を見つけることをオススメします!

【妊娠編】愛染橋病院での初めての健診

前回の記事で出産を愛染橋病院にした理由を書きました。

http://harukajiateng.hatenablog.com/entry/2018/02/12/235530


色々悩んで決めた産院でも、最初に行く時ってやっぱり緊張しますよね。どきどき。かく言う私も行く前は本当に愛染橋で良かったのか!?と色々ネットで口コミ検索しましたが、悩んでも仕方ない!いざ病院へ!


予約してないと長時間待たされると色んな口コミで書いてあったので、朝イチから夫付き添いのもと、病院へ。(2回目以降は予約制みたいですが、初診は予約できないみたいです)


朝イチから行ったのに既に患者さんはチラホラ。2時間待ちは覚悟していましたが、早めに行ったからか1時間程度で通してもらえました。


病院の入口入ってすぐ大きな待合室がありますが、産婦人科の待合室は扉一枚挟んで別になっています。外来受付のお姉さんに聞いたら産婦人科の方は受付も産婦人科のほうでしてください、とのこと。


産婦人科」と書かれた待合室に入るとすぐに受付があり、初診である旨を伝えると病院のシステムについて至極丁寧に説明してもらえました。


まず、産婦人科待合室は男性禁止。旦那さんと来ている場合は扉の外の待合室、もしくは待合室の隣に飲食可能な休憩スペースがあるので、どちらかでお待ちくださいとのこと。どちらかであれば、順番が来た時に声を掛けにきてくれるらしい。


休憩スペースには売店も自動販売機もあるし、時間によっては人でいっぱいになるから、空いてるなら休憩スペースで待つのがオススメですよ〜と丁寧に教えてくれました。


ということで、休憩スペースで夫とジュース飲みながら待つことに。しばらくすると呼ばれ、産婦人科内に案内されました。


ここでも丁寧に説明をしてもらえました。愛染橋は毎回自分で血圧、体重を計り、その紙と一緒に尿を提出するとのこと。初回なので助産師さんと思われる方にやり方を丁寧に説明いただきましたが、次回からは受付したら自分で血圧、体重、尿提出をしてくださいとのこと。


説明してくれた助産師さん達、皆さん優しくにこやかで、初めての病院、初めての出産で不安だと思うけどわからないことがあったらなんでも聞いてね〜ととにかくこちらを安心させてくれました。


合わせて「にこやか」という愛染橋オリジナルの妊娠、出産に関する冊子をもらいました。入院のときの必要な持ち物だとか、食事や生活に関するアドバイスなどしっかり情報書いてあり、いかにもタメになりそう。未だにまだ全部読めてないけど。笑


説明が終わったら夫を呼びに行って一緒に診察室へ。若くて綺麗な女医さんでした。後から知ったのですが、初診のときに診てもらった先生が今後の主治医になるそうです。2回目以降もこの女医さんでした。もし「どうしてもこの先生がいい!」というのがあれば変えてもらえたりもするのかもしれません。知らんけど。また、余談ですが愛染橋は女医さん多いですね。


初回の診察は問診とエコーで終了。さすが大阪市内でお産で有名なだけあって丁寧なところだなーと印象でした。



【妊娠編】私が出産で愛染橋病院に決めた理由

妊娠が確定したら、どこの病院で産むのか決めねばなりません。


一言に病院といっても総合病院や個人クリニック、大学病院、また病院ではなく助産院もあります。実に選択肢は多い。特に最近のおしゃれな個人クリニックとかだと、病室はホテルみたいだし、出産後はお祝い膳とか言って豪華なフレンチフルコースとか出るらしい。めっちゃいいな、私も妊婦さんになったらそういうオシャレなところで出産するんだ、と思っていた時期がありました。


とは言え、実際私が選んだのはそんなものとは無縁の総合病院、愛染橋病院でした。大阪市内では昔から産科で有名な病院です。


色々調べたところ愛染橋は総合周産期母子医療センターらしい。要はNICUが完備されており、出産において何か大きなトラブルがあっても産科と新生児科両方で対応できますよ、ということらしい。


他の病院で何か急にトラブルが起こって愛染橋に搬送されるくらいなら、最初からここで産んどけば安心やんって気持ちになりここに決めました。


もちろん分娩費用も考慮に入れて。


そりゃいくら安全第一と言っても、本当はやっぱりフレンチディナーとかエステとかできる病院で産みたい!でも、当たり前ですが、そういうところだと分娩費用も高いんです。


出産育児一時金で43万もらえるとして、そこからプラスいくら出せるか。


私はビタ一文も出したくないっ!!笑


はい、実は出産を機に仕事を辞めたので(とういうか転職して割と間もなかったので辞めざるを得なかった)収入がなくなったんですね。長年、社会人として毎月それなりのお給料をもらっていたのに急に収入がなくなるとやっぱり不安です。生きてるだけでお金はかかるのに、入りは全くないわけですから。しかもこれから子供は生まれるし出費は増えていくばかり。


そんな事情もあって、お金には特にシビアになっていた時期。できるだけ安く産める産科ってありがたいです。


家から通える範囲で色々調べてみると、今って分娩費用高いんですね、大阪市内で大体50万から55万くらいが相場でした。自腹で10万くらい払わないといけない、、、


この金額をどう見るかですが、元々ケチで払わなくていいものにはお金を使いたくないタイプの私からすれば高っ!!の一言です。その点、愛染橋は正常分娩で45万〜47万とのこと。


何があるのか分からない出産で、安心してお産に臨める設備がある、しかも料金も良心的。家から少し離れてるけど電車で30分くらいなので全然許容範囲。


助産師さんや看護師さんも優しい方が多いとネットのクチコミで見たので、それも後押しになりましたね。実際にみなさん優しい方が多いです。


ということで、愛染橋にしました!産科選びの参考になれば。


またゆくゆく病院の様子や健診の様子も書けたらいいなー。


どこに行くのがいい?オススメ婚活パーティー

前回の記事で出会って4ヶ月で入籍したと書きました。


http://harukajiateng.hatenablog.com/entry/2018/02/03/233513


今回は夫とどこの婚活パーティーで出会ったのか、ご紹介します。


PARTY☆PARTY

https://www.partyparty.jp/


出た、大手!婚活してる人なら名前聞いたことありますかね。ここは本当オススメです!何がいいってさすが大手なだけあって「ちゃんとしてる」。絶対ないわ〜と思うような変な人はいませんでした。パーティーパーティーに来てる人はあんまり変な人がいないっていうのは口コミとか見てても結構書かれてますね。


婚活において言う変な人というのは結婚に対する意識が低いのに参加してる、明らかに好みとちがう(年齢が違いすぎるなど)などがあげられると思います。


パーティーパーティーでは何故変な人が少ないのかな、と考えるとやっぱりそれなりに理由があると思うのです。


①身分証が必要

ちなみにパーティーパーティーの婚活パーティーに参加するためには男女問わず免許証、保険証、パスポートなどの身分証が必要です。


 他の会社だと身分証なしで参加できるパーティーも多くあるのですが、わざわざ提示しなければならないこの面倒臭さ!高評価できますね。何故なら参加するハードルが高ければ高いほど、本気で婚活したいと思っている人が参加している可能性が高くなるから。


②女性でも値段が少しお高め

大体の婚活パーティーでは女性のほうが値段が安く設定されています。他の会社だと500円くらいで参加できるところも。


しかし、パーティーパーティーの場合、安くても1000円はします。中には2000円や3000円のものも普通にありますが、それでも女性は満席になっているものも多数。


男性はもちろんもっと高いです。男性の場合、大体5000円以上からになります。2回出たら1万ですよ!結構高いですよね。


料金的にも手軽であればあるほど、簡単に婚活に必死な女の子を引っ掛けようとか考える変な男の人が増えそうなイメージがあるので(あくまでも個人の見解ですが)敢えて料金が高めという点も評価できます。


③パーティーの種類が豊富

さすが大手!と言いたくなるほど、パーティーの回数や種類が豊富です。


例えば、企画もの(クッキングパーティーなど)はもちろん、お相手の年齢(30代限定など)や年収(500万以上など)で縛ったパーティーが多く開催されているので、自ずと恋愛対象として考えられる条件に見合ったお相手に出会える確率が高くなります。


そういえば以前、パーティーパーティーで「二重の目の大きな女性」縛りのパーティーを見つけました。めっちゃピンポイントやん!と思ったのですが、容姿も大事なポイントですよね。年収や年齢だけでなくて見た目でも自分好みの相手を見つけられる可能性が高くなるというのはありがたいかも。


平日、週末問わず回数多く開催してるので急に「今週行こう!」と思い立ってもすぐ参加できるのがいいですね。


ということで、オススメの婚活パーティーはPARTY☆PARTYです。大手だけあって安心感もあります。


ちなみに余談ですが他の会社で女性500円で参加できるものに出たことがあるのですが、そこで出会ってお付き合いしようと話していた人が実は既婚者だった、ということがありました。。何故既婚者がいたのか、問い詰めなかったので真相は謎ですが主催者側に頼まれてサクラとして参加していたのかな?と未だにその会社のことは不信感だらけです。(どことは言わないけど。。)


これから婚活パーティーに参加してみようかな!と思っている方は是非参考にしていただければと思います。

【独身アラサー】出会ってからたった4ヶ月で入籍した話

前回の記事でブログをお休みしていた9ヶ月の間に「怒涛のように人生のビッグイベントがありました」と書きましたが、その内のひとつが結婚です。


夫とは昨年2017年6月に出会って、10月に入籍しましたので出会ってから約4ヶ月での入籍です。早いですよね、早いです。


それではここで結婚を含め、2017年に起こったことを書いていきます。


2017年1月 退職の意思を上司に伝える

2017年2月 退職決定&転職活動スタート

2017年3月 内定をいただく&最終出勤日を迎える

2017年4月 有給生活スタート

2017年5月 引越し&有給生活満喫

2017年6月 転職、新しい職場での勤務スタート&婚活パーティーにて現在の夫に出会う

2017年7月 夫と交際スタート

2017年8月 夫からプロポーズを受ける&私の親への挨拶

2017年9月 両家顔合わせ&妊娠発覚

2017年10月 入籍&マイホーム探しスタート

2017年12月 挙式&マイホーム仮契約


2017年は毎月何かイベントが起こってました。こんな怒涛の1年は人生できっとこの一度だけでしょう。本当にめまぐるしかった!


何が凄いって付き合って1ヶ月でプロポーズした夫。それを受け入れる自分も自分ですが。でもこの人なら一緒にやっていけると思ったんですよね。そして自分の判断は間違ってなかったと、夫との時間が増えれば増えるほど実感します。(新婚パワーですかね。。)


このスピード感は出会いが婚活パーティーっていうのもあるかと思います。そりゃ結婚願望ある男女が出会っているんですもの。


しかしですね、ふと自分の過去の記事を振り返っていたら3月時点でこんな記事書いてたーー!


「【雑記】30歳にして結婚願望がなくなった話」

http://harukajiateng.hatenablog.com/entry/2017/03/01/230129


いや、この3ヶ月後には婚活パーティー行ってるやん、めっちゃ出会い求めてるやん。しかも1年以内に結婚してるやん。


って自分に自分でツッコミを思わず入れてしまいましたが、この記事を書いた時点では別れた元カレが忘れられず彼以外の人と結婚が考えられなかったのは事実。


しかし、元カレとヨリを戻すこともできず、前に進むこともできず、立ち止まったままの現状を何とか変えたい一心でわらをも掴む思いで参加したのが婚活パーティーでした。


このご時世、数え切れないほど毎日のように色んな会社主催で開催されている婚活パーティー。


あの日あの時あの場所のパーティーを選んでいなければ、夫とも出会えずお腹の中の命もなかったと思うと凄いことです。なかなか侮れない、婚活パーティー!


ただ、どこの婚活パーティーでもOKというわけではないんです!酷いところだとサクラみたいな人がいますよ!


次回は実体験から得た、オススメ婚活パーティーの見極め方をご紹介します。

【アクセス数報告】9ヶ月ブログ更新しなかったらこうなった

ご無沙汰しております。約9ヶ月ぶりのブログ更新となります。最後の記事見たら4月やった。。ブログ運営期間よりもお休み期間の方が長いやんか!という事実に自分でも衝撃を受けております。


なんかもう、更新しなさすぎてアクセス数見るのも怖くてずっと開かなかった。久々に開いたらブログ名が「グルメレポート」になってた。全然グルメのこと書いてないのに。なんでやねん、という驚きと微かな記憶を辿ると、「このブログはテーマが曖昧だからこれからはグルメネタ一本でいこう!」と決めて、ブログ名を変えてからブログ更新してなかったことを思い出しました。あの時のグルメへの熱はもうすっかり冷めてしまったので、元々のブログ名に戻すところから再始動です。


この9ヶ月ブログを更新しなかった事情は追い追いブログでも記載させていただきます。


転職、引越しから始まり、この9ヶ月怒涛のような人生のビッグイベントが立て続けに起こりました。我ながら凄い9ヶ月だったと思う。


詳細を説明すると、かなりのボリュームになるので今回はブログ更新を9ヶ月も休んだらアクセス数はどうなるのか、という点に絞って反省の意も込めてご報告したいと思います。


まずは前回の記事より、ブログ運営開始から4ヶ月、5ヶ月の数字です。

f:id:harukajiateng:20180203001651p:plain


5ヶ月目で月間PVが2348です。

ここから今日までブログ更新がストップします。では数字はどこまで落ちているのでしょうか。文字のみで大変申し訳ないですが、昨年4月から直近1月までの実績をずらっと記載しています!

(本当はグラフとか付けたいけど。。このブログはスマホのみで更新しております故、見にくさはご了承ください。。パソコン買えよっていう。。)


●2017年4月実績(6ヶ月目)

PV数 2579

ユーザー数 1939

セッション 2076


●2017年5月実績(7ヶ月目)

PV数 2960

ユーザー数 2360

セッション 2516


●2017年6月(8ヶ月目)

PV数 2695

ユーザー数 2259

セッション 2410


●2017年7月(9ヶ月目)

PV数 2726

ユーザー数 2330

セッション 2489


●2017年8月(10ヶ月目)

PV数 3187

ユーザー数 2599

セッション 2813


●2017年9月(11ヶ月目)

PV数 2178

ユーザー数 1798

セッション 1955


●2017年10月(12ヶ月目)

PV数 2109

ユーザー数 1773

セッション 1897


●2017年11月(1年1ヶ月目)

PV数 1825

ユーザー数 1530

セッション 1639


●2017年12月(1年2ヶ月目)

PV数 1605

ユーザー数 1369

セッション 1459


●2018年1月(1年3ヶ月目)

PV数 2144

ユーザー数 1777

セッション 1902


お休み期間中にしれっとブログ開設して1周年経ってたー!しかも、しれっと8月に3000PV達成していたー!


これ、お休み期間挟まず毎日更新し続けていたら絶対もっと数字増えてましたよね。絶対もったいないことしましたよね。もしかしたら目標の1万PV近づけてたかもしれません。

 

反省の意を込めて、数字開示しました。これからはまた更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。


とりあえずいい加減、パソコン買おう。。


ブログ5カ月目のアクセス数報告

3月が過ぎ、ブログスタートしてから5カ月目が経過したのでアクセス数のご報告です。


昨日の記事でも記載したように3月は一度も更新しませんでした。0です、0


何もしてないので、さぞかしアクセス数も減っているんだろうなと恐怖でこの1ヶ月間、ブログが開けませんでした笑


さて、そんな1ヶ月丸々更新しなかった3月のアクセス数です。


●3月実績(5ヶ月目)

PV数 2348

ユーザー数 1787

セッション 1881


ちなみに、ブログ4ヶ月目の数字が下記です。


●2月実績(4ヶ月目)

PV数 2603

ユーザー数 1732

セッション 1962


意外と減ってない、、、?!

300減っただけか、もっと減ってるかと思ったわたしは向上心と危機感が足りていないのでしょうか。笑 


しかし、PV数自体は少ないとは言え、ブログ始めてからというものPV数は毎月順調に増えていたので3月もきちんと更新できていたら3000はいっていただろうなという感覚もあります。


頑張らなくても2000は達成できるということがわかったので、今月もここは最低クリアするラインとして設定。目標はまだ達成できていない3000PV目指します!



【転職】30歳未経験業界に内定が決まるまで

お久しぶりです。

一か月ほどブログお休みしていました。

本日より更新していきます。


さて、何故一か月もお休みしていたのかというとタイトルにもある通り転職活動していました。プライベートの時間は転職活動にあてる!と決めて内定が出るまではブログ更新しないぞと決めていたのです。現在の職場が3月末までなのにブログのことばっかりやってたら3月になってもなにも転職活動進んでない!という状況だったので自らを律するため笑 お休み期間をもらっていました。


今回はこれから転職活動していく方に向けて自分が利用して感じた転職エージェントおよび転職サイトの所感をご紹介します。


まず転職エージェントとは転職サイトに登録すると無料で利用できるサービスで、各サイト担当者が一人ついて職務経歴書の添削から求人の紹介を行ってくれます。転職を考えるなら必ず利用しましょう。わたしの友人は転職の良し悪しは転職エージェントの腕にかかっていると言っていました。確かに頼れるエージェントがいてくれるというのは非常に心強いです。


しかし、未経験の業界に行きたい人にひとつ注意点。企業はお金を払ってエージェントを利用しているので、多くの企業で求められるのは業界経験者。元々未経験の求人自体が限られていますし、そこで特定の希望勤務地や特定の希望職種があるなら、いくらできるエージェントでも紹介してくれる求人はそう多くありません。(わたしの場合はそうでした)


さて、前置きが長くなりましたが利用した転職エージェントおよび、転職サイトの所感についてご紹介です。


エンジャパン

ここではエージェントを使いませんでしたがサイトの使いやすさは断トツで良かったです。希望職種や勤務地を登録すると希望条件にマッチした求人をマッチ率とともに表示してくれるので、非常に探しやすい。結局今回内定いただいのも、エンジャパンで見つけた求人です。また転職に関するQ&Aも豊富でかつ丁寧で参考になる。1番オススメのサイトです。


マイナビ転職

ここもエージェントは利用せず。しかしここもサイトとしては使いやすい。他には掲載されていない求人も多く、かつ応募履歴の管理なども分かりやすい。エンジャパンの次に利用していました。


リクナビネクス

エージェントは希望職種の求人の少なさなど、転職の厳しさもはっきり説明してくれて好印象。ただ添削はさらっと流された感じであまり参考にはならなった。ただ、求人の数が多いことがメリットなのでまずはここに登録したほうがよいです。


DODA

は?一体なんなの?というくらい鬼のように毎日求人情報送ってきますが、こちらの希望条件は一切無視。恐らくこれまでのキャリアから似たような求人を送ってきてるだけなんですね。ある意味、通りやすい求人ばかりなのですが、本当にわたしのこと見てるのかなー?と疑問になります。

エージェントも利用しましたが、とにかく希望条件に合わない求人情報送ってくるばかりですし、登録しないほうがよかったと思いました。


アデコ

エージェントは丁寧でした。

しかし、求人数はそう多くないのか求人条件に合うところはあまりないですって面談のときに言われました、、。実際にほぼ紹介は受けませんでした。

ここもどういうところに転職したいかで決まると思うのですが、わたしは大阪で編集などのクリエイティブ職、未経験という確かに数として少ないだろうと思われる条件だったので仕方ないかと思いますが、業界によっては紹介してくれる求人もあるかもしれません。


マスメディアン

希望職種がクリエイティブなので、クリエイティブに強いマスメディアンにも登録しました。しかし、基本的に経験者のみの求人ばかりです、と門前払いに、、笑

登録しただけで終わっちゃいました。



いくつかご紹介しましたが、1番のオススメはエンジャパンです。次にマイナビ

合う合わないがあると思うので転職活動を考えだしたらまずは登録するところから始めましょう。


ちなみにわたしは転職活動を本格的にしてから(職務経歴書を完成させ、各サイトにアップロードしてから)内定獲得まで3週間ほどでした。幸いにも早くいただけましたが人によっては1ヶ月から3ヶ月ほどかかったりするので早め早めの行動が良さそうです。


【雑記】30歳にして結婚願望がなくなった話

正確にはまだ29歳だけれどもあと20日もすれば30歳になるわけなんだ。


わたしが結婚を初めてしたいと思ったのは26歳のときだ。それはどうしても結婚したいと思える人に出会ったわけではなく、周りが結婚し出して少し焦ってきた、というのが正しいだろう。どんどん周りが幸せそうに結婚していく中でわたしは恋愛がうまくいっておらず、独り身でこのままいくと結婚できないかもしれない、という現実味を感じたのが26の時だったのである。


それからは世に言う運命の人とやらに出会うため、婚活パーティーにも言ったし友達に紹介してもらったりもした。そこでようやく好きだと思える人に出会えて付き合えたにも関わらず、別れてしまった。ただただ焦る日々。仕事のために生きてるんじゃない、暖かい家庭を築きたいだけなんだと思ってきた。


ところが29歳の年末、付き合っていた人に振られたことで何故かはわからないけれど、ぽーんと憑き物が落ちたように結婚に対しての執着心がなくなった。


結婚を諦めた、とはまた違う。


どちらかといえば、結婚を目的に足掻くことが煩わしくなったというのが近しい。わたしは彼とずっと一緒にいることを望んできたが、きっとそれは相手にとっては負担だっただろうとも思う。


相手の感情に一喜一憂することが疲れてしまったし、きっと恋愛以外にも楽しいことはたくさんある。


だれかと生きる人生は素晴らしいけど、一緒にいてしんどい相手と一緒にいる必要はない。今はとにかく穏やかに暮らそう、と思う


この歳でこういうのは、こじらせちゃったと思われるのだろうか。よく「わたしは結婚できないんじゃない、しないの」という人がいるが気持ちはわからないでもない。


しかし、いまわたしがこういうのは20代のうちにたくさん恋愛や婚活を頑張ったからだ。バッターボックスに立ち続けた自負があるからだ。


もうしばらく恋愛はいいです、少し休憩。

というのを東京タラレバ娘を見ながら考える。


水曜日のカンパネラの良さがわからない問題

水曜日のカンパネラの良さがわからないわたしは仕事で音楽に関わるの、やめたほうがいいの? と思ってしまうくらい彼らの音楽の良さがよくわからなかったりする。


水曜日のカンパネラ聴いたことないという方はまず一度ぜひ聴いてみてください。


一休さん

https://m.youtube.com/watch?v=EyI_xZKisUw


桃太郎

https://m.youtube.com/watch?v=AVPgxn3xohM


●水曜日のカンパネラとは

一昨年くらいから、名前を聞くことが増えてきた彼ら。最初はライブで鹿を解体する変わった人達が出てきたらしい、一部の音楽好きには既に人気らしい、くらいだったのがあれよあれよと言う間に一躍人気アーティストに。


新譜アルバムも好調ですし、CDショップ大賞にもノミネート。音楽好きはこぞって彼らの音楽を絶賛している。


この空気感、水曜日のカンパネラの良さがわからないと言ったら怒られそうな雰囲気すら感じる。


ちょっと同じような人はいないのかと、検索してみたら「水曜日のカンパネラの良さがわからないので教えてください」的な知恵袋がでてきた。


回答を見ると多くは「言葉遊びの面白さ」「独特のリズム感」「コムアイの可愛さ」が彼らの魅力だとあった。


キャッチーなメロディも、メッセージ性のある歌詞も水曜日のカンパネラのファンたちには必要ないということだろうか。


●音楽に求めるもの

そんな水曜日のカンパネラに何の魅力も感じられていないわたしだが唯一彼らに強く感じる特徴は中毒性である。


歌詞にもメロディにも心響くものはないが、なんとなくまた聴いてみようかなと思わせるものがある。


それはやはり前述の通り、独特のリズムと言葉遊び、そしてコムアイのうまへたなラップが微妙なバランスで楽曲を形成しているからだと思う。


水曜日のカンパネラと言えば、誰しもがあの独特の世界観を容易に想像できるだろうし、それは紛れもなく彼らがある意味、彼らしか作れない唯一無二の世界観を作っているからではないか。


わたしが彼らの音楽を理解できなかったのは、わたしが音楽に求めるものが耳に残るキャッチーなメロディとある程度メッセージ性のある歌詞だからだ。それに削ぐわないから理解できないと突っぱねている状態だ。


でも考えてみれば音楽なんて、音を楽しむと書くのだからそんなあれこれ考えずに、独特のリズムに身を委ねて、うまへたなラップにどっぷり浸かってみるのもいいのかもしれない。


音楽通がこぞって彼らを認めるのは、真の音楽好きはきっとそうやってあれこれ考えずに純粋に音楽を楽しめる人達だからなのではないかと思った。


なんだよ、水曜日のカンパネラとか!!

と憤っていたのに彼らを通して音楽の楽しみ方について思いがけず考えを巡らせることになるとは。