<meta name=”robots” content=”nofollow” />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに_

主に映画、音楽、コミックのレビューを中心に書き殴っていくブログです

【雑記】30歳にして結婚願望がなくなった話

正確にはまだ29歳だけれどもあと20日もすれば30歳になるわけなんだ。


わたしが結婚を初めてしたいと思ったのは26歳のときだ。それはどうしても結婚したいと思える人に出会ったわけではなく、周りが結婚し出して少し焦ってきた、というのが正しいだろう。どんどん周りが幸せそうに結婚していく中でわたしは恋愛がうまくいっておらず、独り身でこのままいくと結婚できないかもしれない、という現実味を感じたのが26の時だったのである。


それからは世に言う運命の人とやらに出会うため、婚活パーティーにも言ったし友達に紹介してもらったりもした。そこでようやく好きだと思える人に出会えて付き合えたにも関わらず、別れてしまった。ただただ焦る日々。仕事のために生きてるんじゃない、暖かい家庭を築きたいだけなんだと思ってきた。


ところが29歳の年末、付き合っていた人に振られたことで何故かはわからないけれど、ぽーんと憑き物が落ちたように結婚に対しての執着心がなくなった。


結婚を諦めた、とはまた違う。


どちらかといえば、結婚を目的に足掻くことが煩わしくなったというのが近しい。わたしは彼とずっと一緒にいることを望んできたが、きっとそれは相手にとっては負担だっただろうとも思う。


相手の感情に一喜一憂することが疲れてしまったし、きっと恋愛以外にも楽しいことはたくさんある。


だれかと生きる人生は素晴らしいけど、一緒にいてしんどい相手と一緒にいる必要はない。今はとにかく穏やかに暮らそう、と思う


この歳でこういうのは、こじらせちゃったと思われるのだろうか。よく「わたしは結婚できないんじゃない、しないの」という人がいるが気持ちはわからないでもない。


しかし、いまわたしがこういうのは20代のうちにたくさん恋愛や婚活を頑張ったからだ。バッターボックスに立ち続けた自負があるからだ。


もうしばらく恋愛はいいです、少し休憩。

というのを東京タラレバ娘を見ながら考える。