<meta name=”robots” content=”nofollow” />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに_

主に映画、音楽、コミックのレビューを中心に書き殴っていくブログです

元NMB48 渡辺美優紀に学ぶ最強愛され術

AKB紅白選挙で山本彩が一位になったとき、良かったなぁと思うのと同時に思い出されたのは渡辺美優紀の存在である。


 もし、彼女がまだ在籍していたらどのあたりの位置にいたのだろうか。


彼女の過去の活躍を思い返すと、彼女ほどの人材は48グループでも、いや、いまのアイドル界を見渡しても未だ出てきていない、と思う。それは渡辺美優紀が他のどのアイドルにもない、独特の誰からも愛される要素を持っていたからだ。今日はそんな渡辺美優紀の愛され術を振り返ってみようと思う。


わたしはみるきーの最大の魅力は彼女は嫌われる勇気があり、自分の意思を貫く強さがあったからだと思っている。


渡辺美優紀とは?

渡辺美優紀にあまり詳しくない方に説明すると、彼女はみるきーの愛称で呼ばれ、NMBデビュー前のオーディション時点から彼女は持ち前の可愛いルックス、雰囲気から注目を集め、デビューシングル絶滅黒髪少女ではセンターを務めた。彼女の強みは、何と言っても釣り師と呼ばれた握手会での神対応、またSNSを利用しセクシーで可愛い写真をアップするなど、周到な小悪魔キャラにある。


f:id:harukajiateng:20170104224641j:plain


わたしは、デビュー当時は独特のふわふわ流されやすそうな、頼りなさそうな印象があり、この子がこれから芸能界でやっていけるのかと、興味を持ったが、とんでもなかった。思っていたよりもずっと負けず嫌いで、努力家でみるきーはめきめきとファン層を拡大し、NMBでも山本彩と並んでトップクラスの人気を誇った。同じ女性のわたしでも思わず可愛いと思わせる喋り方や柔らかい雰囲気に虜になった。


みるきーの魅力

みるきーと言えば、釣り師っぷりがフューチャーされるし、実際に1番の魅力と言えばそこだった。


f:id:harukajiateng:20170104230530j:plain


これ、完全に狙ってますよね、おっぱいわざと見せてますよね。わかってるよね、自分が可愛いこと、絶対わかってるよね。


f:id:harukajiateng:20170104230854j:plain


悪いやっちゃな〜、でも確信犯なみるきー可愛いから許す!気持ち悪いかもしれないが、これがファン心理である。


みるきーからはこの「わたし、可愛いでしょ!?こんなにわたし可愛いんだよ!!」という自己主張が垣間見え、そんなみるきーに転がされてしまうのである。


それはさながら可愛い犬に見つめられて、こいつ絶対自分のこと可愛いってわかってるやん!って思いながら全力でデレてしまう現象に近いものがある。


f:id:harukajiateng:20170104231503j:plain


手のかかる子ほど可愛いとはよく言ったもので、まさに自己アピールが強く、付き合ったらワガママもいいそうだし、大変そうだけど、思い通りにいかなさそうな、そんなところが最大の魅力だったと認識している。



みるきーが特別な理由

しかし、この手のアイドルって実はなかなかいない。可愛いアピールがすごいアイドルと言えば、ももちが有名ですが彼女は突き抜けすぎてもはやネタ的にやっていたところがある。

f:id:harukajiateng:20170104232059j:plain


そういうのではなく、みるきーのように全力で男女問わずファンを転がせたアイドルはそう多くない。実は48グループにも同じように釣り師と呼ばれるアイドルは他にもいる。SKEの須田亜香里やAKBの山内鈴蘭などがそうである。


しかし、わたしはみるきーは同じ釣り師もいう括りでもその2人とは種類が全く違うと思っている。


わたしがデビューからずっとみるきーを見てきて思うのは、みるきーの釣り行為はほぼ本能的にやっている、ということである。本人も物心ついたころから、愛想を振りまくようになったいた、と語っているがまさにそうだと思う。


みるきーはファンの人に喜んでほしいとか、人気が欲しいとかそういう感情よりも、ずっと本能的に自然とそうしているのだろうなと感じさせる。アイドルをしてるとき、心から楽しそうにしていたからそう思うのかもしれない。本能的なその仕草は、無邪気な子供が楽しんでいるような雰囲気すら感じさせた。一方でお金をもらう以上、楽しんでほしいというプロ根性もあり、無邪気な子供のイメージと芯の強い大人な女性が同居しているような相反する魅力は、みるきー特有のものだった。そして、そんなみるきーの小悪魔的とも言われる神対応はアイドルとして、決して間違っていない。間違っているどころか、大正解だろう。



嫌われない勇気

しかし、そんな小悪魔系アイドルがあとに出てこないのは、嫌われる怖さだと思う。


握手会の神対応や、きわどい写真、またふわふわした喋り方はともすれば、ファンや異性に媚びているように見え、ぶりっ子だという印象を持った人もいただろう。メンバーからもそう言われたことがあったかもしれないし、悪意を持って釣り師と呼んだ人もいたかもしれない。グループは女ばかりで、そんなことをする勇気のあるメンバーはなかなかいないのだと推測する。


それでも、みるきーがファンを拡大し続け、芸能界でも人脈を築いてきたのは彼女が1ミリもブレなかったからだ。


モデルプレスのインタビューでみるきーはこう語っている。


「全員に好かれなくても好かれたい人に好かれればいい」


仮に嫌な気持ちをすることがあっても、全力でアイドルとして真っ直ぐ行動した強さは賞賛に値するし、わたしは何度も勇気をもらった。そんな他の誰かに振り回されない芯の強さと変わらない無邪気さが愛される秘訣だろう。そしてこれは何もアイドルに限ったことではなく、我々一般人も大切にしたい要素である。


それにしても里田まいとまーくんと繋がりがあったとはびっくりした。。

f:id:harukajiateng:20170104235026j:plain


メンバーの数が増え、目立とうとするのは至難の技である48グループ。


嫌われる勇気を持っても、全力でファンを釣れるような、そしてそれを心からファンと共に楽しめるようなメンバーがでてくれることを願うばかりである。