<meta name=”robots” content=”nofollow” />

グルメレポート

各地で食べた美味しいものを紹介します

欅坂46 平手友梨奈は不動のセンター ポスト前田敦子になり得るのか

前回の記事が当ブログ史上、最大のアクセス数を達成し2017年幸先いいなとおもっている管理人です。

http://harukajiateng.hatenablog.com/entry/2017/01/01/013927


さて、今日は欅坂46平手友梨奈について語りたいんだ。今年はデビューしてから一気に飛躍した欅坂46。その要因は楽曲の良さ、プロモーション戦略の成功、そして平手友梨奈にあると思う。


平手友梨奈とは?

まず、平手友梨奈を知らない人に簡単に紹介すると平手は欅坂46のメンバー。2001年生まれの15歳。デビュー時は14歳。1stシングル サイレントマジョリティから直近の3rdシングル 二人セゾンまでセンターを務めている。


全シングル平手がセンターを務めることにより、欅坂=平手のイメージが一般的にも徐々に出来てきていると思う。


デビュー間もないグループのセンターを固定化するのは48グループおよび、46グループでしばしばとられる戦略だ。AKBにおける前田敦子、SKEにおける松井珠理奈、乃木坂における生駒里奈。デビュー時はとにかく、グループを覚えてもらうことを優先するため、グループの顔となる存在が必要になるためだと思われる。



アイドルとしての平手友梨奈

では平手友梨奈のアイドルとしての魅力はどうだろうか。この子は平成アイドル戦国時代で頭一つ飛び抜けたポスト前田敦子になり得るのか。


個人的には、なり得るかもしれないと感じている。少なくともそう思わせるものを持っている。



前田敦子との共通点は

平手は前田敦子に似ている要素がいくつかある。まず、大して可愛くないビジュアルと抜群のスタイルだ。前田敦子ファンならある程度の自覚はあると思うがあっちゃんだって可愛くなかった。いや、正確に言うと笑顔は最高に可愛かったし、魅力もあったが全体のバランスを見ると美人ではない。平手もそうだ、可愛くないわけではないが決して飛び抜けた美人ではなく、初見ではなんでこの子がセンターでこんなに騒がれているの?と思わせるレベルのビジュアルだと個人的には思う。しかし、これは初期AKBにあった現象と同じである。初期AKBだって前田敦子に対して、なんでこの子がセンターなのか?という疑問から興味を持った層が多かったように、平手のルックスは一般認知を上げるきっかけになり得るのだ。


そして、ルックスとは対照的に目を引く抜群のスタイル。これも前田敦子との共通点である。スタイルの良さはダンスの見栄えを良くし、大勢の中でも目を引く大きな要素となる。欅坂の場合、AKBよりもスタイルの良い子が揃っている印象が強いが、それでも平手のスタイルの良さはぱっと目を引くものがある。大勢の中でも、目を引き印象に残りやすいルックス、スタイルは前田敦子同様、彼女の大きな武器だ。



伝説のアイドルに必要なもの

ルックス、スタイルと前田敦子との共通点は見出せたが、何よりも変えがたい共通点も平手は持っている。影だ。言い方を変えればミステリアスさだ。


前田敦子があれほどの人気を誇ったのは彼女が影を持っていたからだと考えている。垣間見える、センターを背負う重圧、覚悟、不安、辛さ。そんなプレッシャーとギリギリのラインで踏ん張りながら頑張る前田敦子だったからこそ、ファンは熱狂的に前田敦子を応援をした。また、口数の少なさからはミステリアスさも感じられた。


平手もそれに準ずるものを持っていると思う。まだデビューしてから1年も経っておらず、前田敦子ほどのプレッシャーと戦う姿までは至っていないが、独特のミステリアスさは最大の魅力だ。


まず、あの目力。サイレントマジョリティなど、48グループのように王道キラキラソングではなく、笑顔のないクールソングが多い欅坂。その曲調のせいもあるだろうが、笑みがなく真っ直ぐ前を見据える目力は、伝説のアイドル 山口百恵を彷彿とさせる。唯一無二の存在感に繋がっているのだ。


また、噂されるグループ内のいじめ。真偽のほどはわからないが、一部メンバーよりいじめらているという噂は平手のイメージに影を落とし、守ってあげたいと思わせる要素にもなり得る。つまり、いじめに耐えながらも懸命にセンターで頑張る平手友梨奈というイメージが出来上がり、その影は前田敦子を彷彿とさせる。真偽はもはやどうだっていいのかもしれない。こんな風に思わせる時点でこの噂は平手にとってプラスに作用するだろうし、ファンならば真偽はどうだって、平手を守り応援するだろう。



まとめ

アイドル戦国時代も経過し、もはやアイドルは飽和状態になりつつある。生き残るためには他と被らないキャラや存在感を出す必要がある。平手はミステリアス代表前田敦子が卒業後、ミステリアス部門でエースを張れる存在感を放っている。まだデビューして1年も経っていないし、プロデュースの仕方ではポスト山口百恵まで育てることができるのではないか。そんな希望を胸に応援していきたい。