<meta name=”robots” content=”nofollow” />

グルメレポート

各地で食べた美味しいものを紹介します

ブログはマラソンに似てると思う

ブログ始めて3カ月目になりました。空けても最高3日ほど、できるだけ1日1本ペースを維持してきて、最近は更新しないと落ち着かないようになってきました。


しかし、ブログって普通に生活してたら書くことないのです。仕事の愚痴書くわけにもいかないし、でも仕事しかしてないし。。となるともはや書くことないやんってなるのです。


元々、趣味を綴りたいとか書くことがある人、もしくは毎日ではなく書きたいことができたタイミングで書く人であれば、書くことないということにはならんのでしょうが、わたしは書くことを目的に始めたので、何もしなければネタに困る。


だからこそ自分がハマってる漫画や映画のレビューが書きやすく、そういうレビュー記事が結果的に多いのですが。


何を目的としてブログをやるのかにもよりまくが、ブログを育てたいと思っているわたしからするとブログはマラソンに似ている、と思う。


マラソンしたことにない人のために説明すると、マラソンは途中しんどくなっても、一度走るのをやめて歩いてしまうとまた次走り出すのがしんどくなってしまうのである。だからペースは落としても走ることはゴールするまで出来ないのである。精神的にも辞めたら余計に辛く、挫折する可能性がある。



ブログも少しそれに似ている。毎日更新は楽ではないけど、一度更新をやめてしまったら再開するのが著しく億劫になるのが目に見えているのだ。


文章を、例え趣味でも書いている人間はアンテナを張り巡らせるべきである、というのは尊敬するライターさんの言葉だが、まさにそうでアンテナを張って、多くのインプットをすることは文章を書く人間にとってはとても大事なことなのだと思う。そうでなければ何を書けばいいのか。。となってしまうからだ。


このブログも3カ月目になったのでそろそろ方向性を変えるべきか。。たかがブログ、されとブログ。思っていたより奥深いです、