<meta name=”robots” content=”nofollow” />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに_

主に映画、音楽、コミックのレビューを中心に書き殴っていくブログです

30歳独身女子になると起こる周囲の変化

正確に言うとわたしは29歳ですがほぼ30歳。

その歳まで独り身であると周りの反応が変わってくる、、ということで、ここ最近感じた環境の変化を書いていきます。


1️⃣親戚一同から激励される

28歳くらいまでは、そろそろいい歳だし、誰か付き合ってる人いないの?くらいだったのが、30歳になると、きっとどこかにいい人はいるから!大丈夫よ!という励ましに変わる。彼氏がいてもいなくても、この励ましは変わらない。むしろ、彼氏いるの?という質問自体がタブーとなっているようで、誰も聞いて来ないし、いない前提で話が進む。


2️⃣夜の飲みに行く機会が減る

昔は居酒屋で飲み明かした友人も気がつけば、皆ママになっている。むしろ2人目、3人目妊娠中みたいな子も出てくるわけで、夜飲みに行くなんてできようもない。キッズスペース完備のカフェや、誰かの家でホームパーティとか遊び方が変わってきます。そして、子育て話に盛り上がるなか、独身女子は孤独を噛み締めにこやかに愛想笑いを振りまきます。


3️⃣婚活市場で相手が見つけにくくなる

30歳独身だと、狙いたいのはある程度自分よりも収入がある年上男性でしょう。ですが、ある程度収入があり、ある程度イケメンであり、ある程度人間性の高い男性は既に結婚をしています。そうです、そのある程度のラインを狙うこと自体が難しくなります。20代の頃よりも妥協点を増やさなければいけません。顔が好みではない、自分よりも収入が低い、性格で合わないところがある、など妥協できる点は人それぞれですが、自分にとって譲れない点、譲れる点はどこなのか見極める目を持つことが大事です。



1番大事なのは一緒にいて、元気なれるような相手と結婚すべきだということ。


世界に何十億といる人のなかで、たった一人の誰かを選ぶことは、かなり覚悟のいることではないでしょうか。もしかしたら誰を選んでも、どこかで後悔はあるかもしれません。


それでも自分が自分らしく生きるためには、決して相手に迎合をせず、ありのままの自分を受け入れてくれる人を見つけることです。


結婚ばかりが幸せではないですが、もしどこかに伴侶を見つけたいという思いがあるなら、いくつになっても諦めるのは早いと思います。