<meta name=”robots” content=”nofollow” />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに_

主に映画、音楽、コミックのレビューを中心に書き殴っていくブログです

【映画レビュー】すれ違いダイアリーズ

期待してなかったのに思いの外よかった。こんな言葉がしっくりくる映画。一般人の私からすればタイに映画のイメージなんてない。だから期待なんてしてなかった。のに。

あらすじ
タイに実在する、湖の上にいかだで作られた小学校のお話。元レスラーの主人公は教師を目指すが、体育はできてもお勉強のほうはイマイチ。。ようやくこの水上小学校なら、ということで派遣されるも、水道もない、いかだの上での生活に想像以上に苦労する。そんなある日、前任の教員が置いていった日記を見つける主人公。そこには自分と同じように水上小学校で悪戦苦闘しながらも、日々前向きに頑張る女性教師の日常が綴られていた。日記に綴られた彼女の言葉に元気を貰い、徐々に会ったこともない彼女へ惹かれていく主人公。一方日記の持ち主である彼女は街に戻り婚約者と幸せになるかと思われたが。。


前任の美人教師エーンとその一年後に赴任してきた元レスラー教師の主人公ソーンの生活が、2人の視点でそれぞれ描かれています。

街にも仕事はあるのに、わざわざ水上小学校で教師をやるなんてと彼氏に理解されないエーン。

また、同じように正規採用でもないのに水上小学校で教師をやるなんてと彼女に理解されない、ソーン。それでも2人はこのいかだで教師をすることを選ぶ。

過ごしている時間が違うだけで、2人が同じ場所で同じ思いをしてることがよく伝わるのです。だから見てる側は思うわけですね。

この2人、出会ったら絶対うまくいくのにーーーーー!!って。

まぁ、主人公ソーンのほうは会ったことないとは言え、日記を通してエーンにゾッコンですし。

手紙でもなく、交換日記でもなく、一年前に前任が置いていった日記というのがこの映画の大事なところ。

日記の読み手である、ソーンは日記に書かれた情報でしか相手を知ることができない。会ったことない相手、もっと言うと名前しかわからず会うことすら出来ないかもしれない相手、さらに言うとたった一度もコミュニケーションを取ったことがない相手に想いを募らせたことはありますか?わたしはありません。そして、メールやSNSが主流になった現代ではもはやそんなシチュエーション自体がないかもしれません。

この映画は、それでもそんな相手に恋することの美しさを描いているのだと思います。容姿などの条件全てとっぱらって日記から見えてくる相手の人間性のみにソーンは惹かれるわけで。ピュアか!

また、舞台となる水上小学校は実在するらしいですが、とっても景色が綺麗なのです。水面に浮かぶ夕陽や、湖の上をそよぐ風が映像を通して伝わってくるのです。

こういう海外の景色や、その土地での人々の生活って、その国に行くしかわからないですが、映画はそれを知るのに1番良いです。変な旅番組見るよりよっぽどね。

あーーーー、タイやっぱり行きタイ!